SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

マルコムXとユリ・コウチヤマ

ブラックヒストリー月間でやっているブラックムービーの偉人さんのコーナー、今日はちょっと映画から離れまして、マルコムXとユリ・コウチヤマさん。

今日2月21日はマルコムXの命日である。1965年ニューヨークのオードゥボンで射殺されてから43年の今日。

マルコムXについては、日本でも沢山の書籍が発売されている。もちろんそれらの殆どは、スパイク・リーが監督した「マルコムX」の公開に合わせて発売された物が多い。あの頃、私は学生で丁度本屋でアルバイトをしていた時代。あの頃沢山出版された本は今でもうちの本棚に並べてある。なんといっても凄かったのが、等々「マルコムX自伝」の完訳が発売されたこと。あの黒い表紙に「X」の文字を見たときには本当に興奮した。そして、私の熱意が周りに伝わったのか、銀座で行われた試写会のチケットを人から貰った。あの時の会場の熱気は凄かった。

マルコムX本人については、やはり書籍を読むのが一番なので、ここでは割愛する。

そのマルコムXの暗殺された会場に居たのが、ユリ・コウチヤマ。ロサンジェルスのサンペドロで生まれた。日本の漁港を漂わせる雰囲気のあるサンペドロには、沢山の日本人が集まってきていた。彼女もそこで生まれた。しかし第2次世界大戦により、収容所に強制に連れて行かされて、その後に結婚してニューヨークへ行った。ニューヨークのハーレムに新築された団地に入り、ハーレムに住むようになる。後に公民権運動が盛んになり、夫婦で参加するようになる。そして、そこでマルコムXに出会う。

映画では、モーガン・フリーマンマルコムXを演じている「The Death of a Prophet / 日本未公開 (1981)」という作品で、ユリ・コウチヤマはオシー・デイビス等と共に冒頭でマルコムXについて語っている。

ユリ・コウチヤマのインタビュー記事を偶然に見つけたのが、これを書くきっかけとなった。

Civil Rights Activist Yuri Kochiyama on her Internment in a WWII Japanese American Detention Camp & Malcolm X’s Assassination | Democracy Now!

よく日本人と黒人の問題は違うとか、1人じゃ何も変えられない...とか、ネガティブな事を言う・書く人が居ますよね。彼女のインタビュー等を読んでいると、どうして彼女が運動に参加していくようになっていったか、よく理解出来る。スパイク・リーの「マルコムX」という映画では伝わって来なかった、マルコムがもっとグローバルな出来事にも関心していた事も、彼女のインタビューからは伝わる。
1人じゃ何も変えられないんじゃなくて、1人では何もしたくない...というだけじゃないのか?

もしマルコムXが生きていたら、今日というこの日をどのように見ているのだろうか...