SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Bus 174 / バス174 (2002)

Cast >> Sandro do Nascimento, Yvonne Bezerra de Mello, Rodrigo Pimentel, Luiz Eduardo Soares ...
Director >> Jose Padilha, Felipe Lacerda
Writer >> Jose Padilha
Producer >> Jose Padilha

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> N/A Direct >> 5 Music >> 4

Shapeless Dream
2000年ブラジルのリオデジャネイロにて、バスがハイジャックされる事件が起きた。白昼堂々起きた事件は、ライブにてTV中継され、ブラジル史上歴史に残る視聴率となった。その事件を起こしたサンドロ・ド・ナシメントの生涯を追ううちに、ブラジルの問題点が浮き彫りになっていく...

最初は犯人のサンドロの姿が明らかになっていく事で、変に英雄視されてもな...とも思っていた。時間が進むにつれて、自分がこのドキュメンタリーに惹き付けられているのを感じずにはいられなかった。事件と共に明らかになっていく、ブラジルの情勢。「シティ・オブ・ゴッド」にて明らかになっていたストリートチルドレンが何万人もいるという事実にも、改めて驚く。子供が野宿するという事実。まず子供が外で1人で寝ている状況を、日本ではまず良しとしないし、何とかしようと思うの人々が大半だと信じている。でも、ブラジルでは違う。平気で大人が「あいつ等は殺されてもいいんだよ」と口にする。またそういう態度が余計にブラジル社会の歪を作っているように思えた。その歪が最後の最後、警官のサンドロへの態度に良く現われていたと思う。マスコミを整理しないで、やらせておく警察の不甲斐なさも感じた。
また実際にテレビに流れた映像と、インタビュー映像等、様々な形式の映像が流れる。刑務所で語る少年達の映像に工夫したりと、映像効果も感じられる。

サンドロが母親代わりの女性に、有名になるという夢を語る。有名になるというだけで、実際には形の無いもの。ブラジル政府も警察も司法貧困者にとっては形の無いもの。形無いものに空しさを感じる。

(1/3/08:TV放映にて鑑賞)