SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

BET Hip Hop Award 07 and Celebrity Rap Star

まずは、BET Hip Hop Awardから。

一言。面白かったです、キャット・ウィリアムスが。
今年も彼のオープニングが素晴らしかった。去年はアメリカ大統領の演説風な演出でしたが、今年は教会の牧師風な演出。キャットが「Kanyeと50、暴力なしに喧嘩してくれてありがとう」って言ったのが、とっても印象的で今年のショーを反映してましたね。今年は「クリーンなラップ」をBETはイメージしたのか、受賞者もそんな感じでした。だってマジ(今ならガチンコですか)の勝負なら、リル・ウェインがノミネートされた部門は、彼が全て受賞するべきだったと思いますもの。その位、リル・ウェインが今年の(去年も)「Top of the game」だったと思います。
この収録前に、T.I.が逮捕されてしまって出れなかったのが残念でしたね。何か足りない気がしました。
ライブよりも、キャットの司会が光ったショーでした。

で、普段は全然MTV見ないんですが、たまたまチャンネルを動かしていたら見つけたのが「Celebrity Rap Star」という番組。今流行りのアメリカン・アイドルみたいなリアリティショーです。私がたまたま見たのは、最終回の一つ前。シャー・ジャクソンという女優で、ブリトニー・スピアーズの元旦那ケビン・フェダーラインとの間に子供がいる事で有名な人が出てました。ケビン・フェダーラインよりはラップ上手かったです。最後に自分のオリジナルのラップを作るんだけど、ブリトニーの事を「VMA(MTV Video Music Award)のオープニングは、私にやらせるべきだった」なんて、面白かった。↓の静止画像で映る3人の審査員が、それを言った時の反応もお楽しみください。

有名人と本物とラッパー達が組んで、ラッパーが有名人を仕込んでいく番組です。挑戦者には、他にスキッド・ロウのセバスチャン・バックとか...彼の場合、何やっても全てがロックになっていて面白かったです。でも、ビースティ・ボーイズの「Fight for Your Right To Party」は決まってました。