SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

Jena 6続報

今日9月20日は、大規模にJena 6のデモ行進が行われる。やっと昨日位から、CNNなどのニュース番組でもトップニュースとして扱われる事が多くなった。
今日も朝からCNNを見ていたら、なんとタイラー・ペリーの姿が... たまたま私がJena 6の記事をあげた時にタイラー・ペリーの作品にも触れたので、彼の写真のキャプションも「この方もルイジアナ出身」としたのですが、私の願いが通じたのか??(な訳ない)彼も今日のルイジアナでのデモに参加している。CNNのインタビューでも、やはり「ルイジアナ州出身なので、公正に裁かれる事を願う」みたいな事を話していた。モス・デフも、2週間位前かな?彼もJena 6の活動に声援を送る声明を発表して精力的に活動している先日、デビット・ボウイも10,000ドルの寄付を発表した
また、元ハーバード大教授で現在はプリンストン大学の教授であるドクター・コーネル・ウエストは、活動を支持する者は9月20日に黒い洋服を着るように呼びかけている。

昨日でしたか?捜査では、彼等6人の暴力行為は、学校内の木に縄がぶら下げられた事とは別との捜査結果が出たらしい。とても不思議な捜査結果じゃないですか??
U.S. attorney: Nooses, beating at Jena High not related - CNN.com
デモの話題よりも、こちら↑を大きく取り上げてもらいたい。

多くの人々が関心を持ってデモ等に参加するのはいいと思うのですが、大きなニュースになったとたんに別の方向に話が進んでいるようなのが気になります。この一連の出来事に、もちろん人種差別という問題を感じるのですが、それ以前に彼等6人が暴力を行ったのは事実。支援活動も、人種が絡んでくるのは仕方ない事だけど、そこだけを前面に出して6人を解放するというのは、やっぱりちょっと違うと思う。でも、確かに殺人目的として裁かれ、20年の禁固というのも、やっぱり違うと思うし、やっぱりあの縄の事件は関わっているように思える。
なので、私は「Free Jena 6(ジナ*16人を解放)」というよりも、「Fair justice for Jena 6(ジナ6に公正な裁きを)」というスローガンを応援したい。
これを教訓に是非もう一度非暴力の素晴らしさを、活動家や有名人の方々には語ってもらいたい。
だが、今のところはそれが皆無なのが悲しい。

*1:前はジェナと書いてましたが、CNNのリポーターはジナという発音でしたので訂正