SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

For Love of Ivy / 愛は心に深く (1968)

Cast >> Sidney Poitier (Jack Parks), Abbey Lincoln (Ivy Moore), Beau Bridges (Tim Austin), Nan Martin (Doris Austin), Lauri Peters (Gena Austin), Carroll O'Connor (Frank Austin), Leon Bibb (Billy Talbot), Hugh Hurd (Jerry) ...
Director >> Daniel Mann
Writer >> Sidney Poitier (story), Robert Alan Aurthur (screenplay)
Producer >> Edgar J. Scherick, Jay Weston

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 5

For Love of Sidney
アイビー(アビー・リンカーン)は、NYでデパートを経営するオースティン一家に18歳の時にメイドとして雇われてから9年間一緒に住んできた。所が、アイビーが家を出て秘書の勉強をして、NYに出たいといった事から、一家の子供ティム(ボー・ブリッジス)とジーナはアイビーを引き止める為に、デパートに出入りする運送会社経営者ジャック(シドニー・ポワチエ)をアイビーに会わせるが...

とっても素敵な大人のラブストーリー。ちょっとしたラブコメディになっているのも逆に良いかもしれない。シドニー・ポワチエがストーリーを書いたらしいので、彼の姿が垣間見られるのも面白い。例えば、主人公のアイビーはフロリダ出身で西インド諸島出身のジャックをすぐに見極める。また、怒った時にその事を貶したりする。その西インド諸島出身のポワチエならではの発想なのかもしれない。逆に一見軽いラブコメディに見えて、意外に重いメッセージがあったりする。まず、主人公がメイド。家族にも幸い可愛がられているものの、自分には何も無いことが気づき、自立したいと秘書の学校に行きたいと考える。面白いのが、その一家とは大変上手くいっていて、不満は無いし、メイドの仕事も嫌いじゃない。ただ自立したいと考えている事。今では当たり前の事のように聞こえるが、この映画は1960年代。丁度その頃に栄えたと思われる「ウーマンリブ」とも違う、女性だからとかそういうのとは違う自分を大事にして何かを自分で成し遂げたいという思想は、テーマがとっても大きく興味深い。

演技だけじゃないシドニー・ポワチエの器の広さと人間としての心の大きさに、またまた惹かれる事になるだろう。

(8/7/07:DVDにて鑑賞)