SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Inkwell / ファンキー・サマー・ビーチ (1994)

Cast >> Larenz Tate (Drew Tate), Joe Morton (Kenny Tate), Suzzanne Douglass (Brenda Tate), Glynn Turman (Spencer Phillips), Vanessa Bell Calloway (Francis Phillips), A.J. Johnson (Heather Lee), Morris Chestnut (Harold Lee), Jada Pinkett Smith (Lauren Kelly), Duane Martin (Junior Phillips), Mary Alice (Evelyn), Phyllis Yvonne Stickney (Dr. Wade) ...
Director >> Matty Rich
Writer >> Trey Ellis, Paris Qualles
Producer >> Irving Azoff, Matthew Baer ...

総合ポイント >> 4.5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 4

Growing Pains
ドリュー(ラレンズ・テイト)は、以前家を火事にする事故を起こしてからは、自分の殻に閉じこもり、人形のイアーゴーが彼の友達だった。1976年の独立記念日を母の実家であるマサチューセッツのマーサーズ・ヴィンヤードという島で過ごす事になる。ドリューの今までにないちょっと違った夏が始まる...

「おもいでの夏」を思わせるノスタルジックなドラマ。「おもいでの夏」が第二次戦争の1942年ならば、こちらは1976年。ベトナム戦争終了1年後である。この時代がノスタルジックに感じるというのは興味深い。またなぜか数は少なくない筈なのに、あまりメディアには登場しない黒人ブルジョア達の姿が見れるのも興味深い。彼等黒人ブルジョア達による普通のドラマ。ここでの悲劇も喜劇も、誰の身にも起こりうるドラマ。
ここでのラレンズ・テイトが、本物の14歳〜16歳の少年にしか見えないのが凄い。実際の彼は19歳前後。しかも、この次の年にはあの「Dead Presidents」を撮っているのだ。「Dead Presidents」といえば、彼がベトナム戦争帰りの青年を演じた映画だ。しかも、この映画でのテイトは最初と最後では顔つきから体つきまで全く違って見える。ビックリする位に映画の流れと共に成長を見せている。
ただ、メアリー・アリス演じる祖母が母親をあっさりと許している所だけが残念なシーンだが、それ以外は東部のノスタルジックな雰囲気や70年代の雰囲気が良く出ている青春ドラマだ。

少年が青年になる。そして心の痛みが少年を大人にする。幾度も映画になったテーマだけれど、ここまでノスタルジックに、ここまで面白く演出したマティ・リッチの才能が光る。それを演じきったラレンズ・テイトのドラマチックな成長ぶりも見逃せない。

(Unknown, 07/29/07:DVDにて鑑賞)