SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
*映画秘宝 1月号にて『マイ・サンシャイン』とオールタイム・アメコミ映画キャラ総選挙!に参加。(11/21/18)
*
映画秘宝 11月号にてアメリカン・コメディ最新事情のコラムを寄稿。(9/21/18)
*映画秘宝 10月号にてエチオピア映画『チャイルド・マリッジ- 掠奪された花嫁』について寄稿。(8/21/18)
*別冊映画秘宝アメコミ映画完全ガイド2018にて黒人スーパーヒーローの歴史と『ブラックパンサー』について寄稿。(6/27/18)
過去記事

Friday Night Lights / プライド 栄光への絆 (2004) 27本目

どちらかと言うか...断然に上の野球よりもフットボール派です。
Allcinemaさんでの皆さんの感想が結構辛辣なんですねー。この映画、その誰かも書いてますが、アメリカでは話題になってました。今は、テレビシリーズも始まって、そこそこの人気があるみたいです。
私、ボロボロに泣いてしまいました。夜中に声出して嗚咽です。これって、あそこだけの話じゃないんですよね。こういう地域はアメリカかを探せばどこにでもある。南部だけじゃないと思う。無茶苦茶感動していたので、フットボールおたくのうちの夫と書いて、オッサンに映画を見てたっけ?と聞いたら「テキサスの話なんか見るか!」(なぜか超テキサス嫌い...笑)と言われ、でも続けて「そういう映画見なくても、自分で経験した事だからね」と言ってました(つーか、タイトルしか言ってないのに映画の事よく知ってるじゃん)。うちのオッサンも高校フットボールで活躍して、将来はプロで活躍したかった人。自分がかなりオーバーラップしちゃうんでしょうね。しかも、その夫が在籍していた当時はいい選手が揃っていて、スター選手も居た。未だに地元の新聞が、その当時のフットボールチームについて書いてあるのを見つけて、ビックリした事もある。今でもフットボール体のオッサンは、どこに行っても選手と間違えられてしまう。NFLのチームのジャージを着ていた時には、サインを求められた事もある。一般のオッサンなのに、サイン貰ってもガッカリかと... うちの夫は、この映画でいう所のブービーみたいなスター選手ではなく、どちらかと言うとアイボリーみたいな感じだったと思うのですが、彼の高校でのブービーみたいな人とかの話を聞いて、ちょっと胸が詰まる思いでした。
ま、でもこの手の話は、フットボールに限らずある話ですよね。ドン・チードルが主役のバスケット映画「リバウンド」(マーティン・ローレンスのとは別)っていう映画でもそうだった。上の野球でも、ジョシュ・ギブソンもその1人かもしれないし。

話が映画からずれました。
監督が「Great White Hype」でデーモン・ウェイアンズに負けた男ピーター・バーグです。いつも同じ紹介でごめんなさい。その彼の印象が強いんですよね。後は「コーキー・ロマーノ」のお兄ちゃん。後は「コラテラル」にもちょこっと出てましたか?そのピーター・バーグが、元々の原作者と従兄弟っていうから、奇遇ですね。映像が凄く寂れた町の雰囲気とか出ていていいんですが、カメラがチョコチョコ動くのが好きじゃないかな...

ブービーと叔父さんの関係が泣けました。DVDのボーナス映像では、実際のブービーやらこの叔父さんとか沢山出ているのがあるのですが、それも必見です。この叔父さんの名前、L.V.っていうんですが、そういえば前にクーリオと一緒にやっていたL.V.っていますよね。大柄の。叔父さんの体格もL.V,並でしたわ。

私は、この手の「才能があるのに...」系の映画に弱い事が、この映画と上の映画でよーく分かりました。私の泣き所。感想はこちら

(4.75点/5点満点中:DVDにて鑑賞)