SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

I Think I Love My Wife / 日本未公開 (2007)

Cast >> Chris Rock (Richard Cooper), Kerry Washington, Gina Torres (Brenda), Steve Buscemi (George) ....
Director >> Chris Rock
Writer >> Chris Rock, Louis C.K., Eric Rohmer (Original)
Producer >> Adam Brightman, Lisa Stewart

総合ポイント >> 4.5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 4 Direct >> 5 Music >> 4

I Think I Love My Movie
リチャード(クリス・ロック)は、良い妻であり良き母であるブレンダ(ジーナ・トレス)と結婚し、ビジネスマンとしても成功していた。全てが完璧に見えるリチャードだが、結婚7年目の妻とのセックスレスに悩んでいた。そんな中、友人の元恋人であり、リチャードの憧れだったニッキー(ケリー・ワシントン)が現れて...

IMBDでタイトル見かけてすぐに「私の映画だ!」と楽しみにしていた。何よりもクリス・ロックが製作する映画は全て好き。今回も監督から脚本まで彼が手がけるとあって、非常に楽しみにしていた。前評判が悪くたってぜーんぜん気にする事なく、劇場へ。そしてクリス・ロック・ワールドへ... Ipodを取り替えるシーン等の台詞もクリス・ロックスタンダップを聞いているかのよう。
運が良い事に私自身もこの映画の設定とほぼ同じ結婚期間。リチャードみたいな悩みはないが、同じシチュエーションなら、私も2人の間でグラグラと揺れる事になるだろう。いや、臆病な私の場合は実際にはする事が出来ず、空想・妄想の世界で激しく動揺するだろう。カッコつけて書くと、理性が勝つ。脳で恋愛する女性と体で恋愛する男性との違いかもしれない。なんて、クリス・ロックの映画で考えると思わなかったので、彼の成長にも驚きが隠せないが、嬉しいドッキリだ。

でもさすが”コメディアン”のクリス・ロック。ドラマとしてのエンディング...というかオチ、そして最後の最後のシーン...というかオチといい、完璧です。ドラマのオチとして、結婚カウンセラーがノートに書く一言... そしてエンディングの不思議な間でのあのオチ。大好きな”コメディアン”に声を大にして言いたい。「私は私のこの映画大好きだと思います!」

(3/24/07:劇場にて観賞)