SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

Dreamgirls / ドリームガールズ (2006)

Cast >> Jamie Foxx (Curtis Taylor Jr.), Beyonce Knowles (Deena Jones), Eddie Murphy (James 'Thunder' Early), Jennifer Hudson (Effie White), Keith Robinson (C.C. White), Hinton Battle (Wayne), Sharon Leal (Michelle Morris), Anika Noni Rose (Lorrell Robinson), Danny Glover (Marty Madison), Loretta Devine (Jazz Singer), Jaleel White (Booking agent at Apollo) ....
Director >> Bill Condon
Writer >> Bill Condon, Tom Eyen
Producer >> Laurence Mark, David Geffen ....
Genre >> Musical

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 5

Not so new to me, but it's DREAMCASTS!
60年代に入ってまもなくの頃、ディーナ(ビヨンセ)、エフィ(ジェニファー・ハドソン)とローレル(アニカ・ノニ・ローズ)は仲良しで、3人は「ドリーメッツ」というグループを組みスターになる事を夢見ていた。エフィの弟CC(キース・ロビンソン)が彼女達の曲を書いて、デトロイト劇場のコンテストに出場した。その場に居た中古車販売のやり手カーティス(ジェイミー・フォックス)は、ショービジネスの世界にも興味を持っていて「ドリーメッツ」に出会う。既に地元の人気シンガーのジミー・サンダー・アーリー(エディ・マーフィ)がバックボーカルを探している事を知り、「ドリーメッツ」を入れようとするが...

ブラックムービーファンの皆さんには、残念ながら映画の新鮮さを感じる事が出来ないかもしれない。それは、既に「ファイブ・ハートビーツ」や「リトル・リチャード」のロバート・タウンゼント作品、更にはTV映画「ザ・テンプテーションズ」、超大作「レイ」や女性グループの映画「スパークルス」もあった。ちょっと趣は違うが「ホワイ・ドゥ・フールズ・イン・ラブ」等で、何度も50年代から70年代の音楽業界の裏側や面白さを見てきたからだ。それらの映画で幾度も見てきたような場面に出くわす事もある。多くの黒人アーティストが当時、白人のアーティストに無断でコピーされていた。そのシーンは、残念ながらロバート・タウンゼントの「リトル・リチャード」の方がよりエッジでコミカルに風刺していた気がする。それなのに、なぜここまでこの映画は話題になり評判を上げたか... それはやっぱりキャストやスタッフにあるのだと思う。ロバート・タウンゼントやそれらの映画に出ていたレオンは、クロスオーバーした時には、あまり商業的にアピール出来ない。やはり、ビヨンセジェイミー・フォックスという既にクロスオーバーを成功させたキャストと、元の舞台の人気と評価が重要になる。「ビリー・ホリディ物語」のダイアナ・ロスとビリー・ディ・ウィリアムスのように... そのダイアナ・ロスがモデルとされるこの映画。それで、ビヨンセが歌うとなると、やっぱり人々は見たくなるし聞きたくなるという十分なアピールがある。その中で、実にのびのびと自己表現していたのが、ジェニファー・ハドソンと、エディ・マーフィの2人。ジェニファー・ハドソンは、歌うと恐ろしい程に表現力が増す。これからも期待したい女優の1人だが、彼女の場合「歌」が重要になるので、役幅はあまり広がらないかもしれない。この映画では、十分に評価されるべき人だが、その次から苦しむ事になるかもしれない。エディ・マーフィは、その点に関しては逆で更に役幅を広げた感じだ。今回の役は、とてもドラマチックで切なく、そして面白い。そう、彼らしさを十分に残しながらも更に広げた感じだ。

いい所取りしたこの映画が多くの賞で評価されるなら、ロバート・タウンゼントやレオンが過去にした事を再評価されてもいいのではないかと願う。それでも、この映画の「ドリーム・キャスト」の面々の存在感の凄さと歌に圧倒される。

(01/02/07:劇場にて観賞)