SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

第2回ブラックムービーアワード放映

タイラー・ペリー司会の「ブラックムービー・アワード」がTNTにて放映された。
オープニングは、「Great Moment of Black cinema」という事で、タイラー・ペリーがアイク・ターナーになったり、逆にティナ・ターナーになったり、「カラー・パープル」のオプラ・ウィンフィリーになったり、ウーピー・ゴールドバーグになったり、「ため息つかせて」のロレッタ・ディバインになったり... オスカーのパロディと似てましたが、無茶苦茶面白かったです。
式典自体も、1時間半と短いですが、内容が濃くて面白かったと思います。とにかく、司会のタイラー・ペリーが素晴らしかったと思います。
ローレンス・フィッシュバーンが優秀賞を受賞するのは、前にお知らせした通りなんですが、凄かったんですよ。ローレンス・フィッシュバーンが、スピーチで感極まって涙。ビックリしました。というか、まさかフィッシュバーンが感動して泣くとは思ってもみなかったんで、口ぽか〜んと開いてしまいました。だって、オスカーにノミネートされた俳優が、たった2年目のアワード式典で泣くとは思いませんでしたよ。私だけじゃなく、会場全体も「え?」って感じでした。結構熱い男なのかも...と、益々好きになっちゃいました。
それと、メルヴィン・ヴァン・ピープルスが最後の賞「作品賞」の発表で登場。物凄くカッコいいですね。出てきていきなり「Yo, yo, yo」ですよ。帽子の下にはバンダナらしき物を頭に巻いてました。それで、作品賞を発表の前に「今日は、俺が1番の勝者かもしれねーな。昔から無視されてきたんだけど、こうやって夢にまで見た式典に呼ばれて、本当に嬉しいね。ありがとうよ」とコメント。間といい、無茶苦茶カッコいいんだな、このオヤジが。

ちなみに、私がここで予想しているんですが、7戦2勝5敗。最悪な成績です!(涙)

上のツォツィプレスリー・シュウェニガー君のスピーチが素晴らしかった!そのプレスリーの名前を読めなかったプレゼンターのミーガン・グットが可哀想。っていうか、映画ではあんなに勇ましくてカッコよかったツォツィが、舞台の上では結構普通のおっさんぽかった。まだ20代なのに... あんなギャップを見せられたら、余計にこの映画の演技がいかに凄かったかって事です。共演の女優さんも取って貰いたかったな〜。私はノミネート紹介のツォツィのVTRで泣いた。あのラストシーンが大好き。

成績はこちらで「Winner」の所にありますのでどうぞ。1つはバラしちゃった。ごめんよ。