SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

あ〜あ

今日は、朝から張り切って見ましたよ、ワールドカップの日本戦。
こんな時だけ愛国心が湧いちゃってね。

その前の「ガーナ対アメリカ戦」も、ガッチリ見ました。2-0でガーナが勝つのを予想していたんですが、2-1でしたね。ガーナの早さにアメリカは付いていけないと思ってました。
これで、アメリカのサッカー無頓着に拍車がかかりましたね。これでトーナメントに出場したら、多少は盛り上がったと思うのだけど、もうダメでしょう。今日もアメリカ人の人に「ワールドカップがあるので、速攻帰ります」と言ったら「日本は今日なの?」なんて暢気な事言ってるから「アメリカはもう負けてしまいましたよ」と言ったら「今日だったんだ?女子は強いけどねー」なんて、悔しがる様子もなく... 話したアメリカ人の反応が皆一緒。「女子は強いんだけどねー」です。女子が強い事は知ってるらしい。とりあえずペレも知ってるけれど、ジーコはイマイチ反応無し。
あ、アディダスのCMあるじゃないですか。子供2人が、近所の空き地でサッカーやろうとして、大物スターを呼んでいるCM。ベッカムとかカカとか現役のスターの名前が続く中、1人がベッケンバウワーの名前を呼ぶと、もう1人が「来るわけない」と鼻で笑って、実際に来ちゃってビックリするっていう。アレ、うちの夫は意味不明で、「何で笑ってるの?」ですから... ベッケンバウワーが引退していてレジェンドだって事を知らないんですよねー。
アメリカは移民の国で、ヨーロッパ勢もアフリカ勢もラテン勢も多いのに、サッカーだけは弱いよね。なので、サッカーは遺伝的な物じゃなくって、国の熱意がサッカーを作るんだなって、ココにいると痛烈に感じます。

んで、日本戦。何か知らないけど「日本は1点差位で勝てるんじゃないか?」なんて予感がしていた。トーナメントに出場できなくても、「ブラジルを唯一破った国」として、誇れるんじゃないか?なんて思ってたんです。今は、そんな風に思っていた自分を刺したい位です。
最初の玉田のシュートは、涙が出た位嬉しかったです。でも、その他の内容は最悪でしたね。ゴール前で、あんなにパスが見事に通るだなんて、ブラジルはさすがでしたよ。勝てるんじゃないか?なんて思っていた自分は、ブラジルの選手に土下座したい位でしたよ。何か今日の日本選手は、アジア大会で見せる強さを全く感じさせないチームで、大人が子供相手にみそっかすで遊んでもらってる感じ。もう3-1になった位から、ロナウジーニョとか交代して悲しくなってきた。

上で書いたように、日本はまだ国の熱意が足りないのかな?こんな戦い方して、選手を帰ってこさせるようじゃ、まだまだなのかもしれない。ブラジル人を3人位帰化させないと、無理なのかな?それも悲しいよね。今度こそは勝ちたいって気持が、4年後勝たせてくれるかな?日本も弱い訳じゃないと思う。ワールドカップに出場出来る位なんだから、勝てる筈。4年後があるかな?

アメリカ人で数少ないサッカーファンを見つけました。FIFAのオフィシャルでも紹介されている通り、スパイク・リーです。
FIFA - FIFA.com

ティエリ・アンリのファンらしいので、引退後は一緒に映画作ってくれると、嬉しいかも。