SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Ganked / 日本未公開 (2005) (V)

Cast >> Kel Mitchell (Rickey Bell), Bombay (Kennedy Ross), Katt Williams (Mr. Ross), Antwon Tanner (Hector), Kenn Michael (Hector's brother), Fredro Starr (Ice Pic) ....

Director >> Kenn Michael
Writer >> Kel Mitchell, Tyisha Hampton-Mitchell
Producer >> Kenn Michael, Kel Mitchell, Tyisha Hampton-Mitchell ....

総合ポイント >> 3.25/5点満点

Contents >> 3 Performance >> 3 Direct >> 3 Music >> 4

Ganked by Kel's charm
リッキー(ケル・ミッチェル)は、シンガーを目指してレコード会社にデモテープを送ったりと努力していた。有名レコード会社の社長(キャット・ウィリアムス)に会える事になった。そのレコード会社の娘ケネディボンベイ)も、シンガーとしてデビューしていて、人気はあったが才能が無く態度もでかいので、ヒット曲に恵まれずにいた。社長は、ケネディにリッキーと会う事を命令する。リッキーの曲を聴いたケネディは...

ケル・ミッチェルは、日本の漫才風に言えば「ボケ」担当。ウェイアンズ兄弟で言えば「マーロン・ウェイアンズ」的だし、アイス・キューブのコメディ映画で言えば、「マイク・エプス」的だ。子供心を持っていて、いつも失敗してトラブルに巻き込まれてばかりだけど、憎めない役。それがケル・ミッチェル。そんな彼のいい特徴が出ている映画。
最近になって、ラップやR&B界の権力者達の2代目が、色んなリアリティ番組に出ているのを見かけるけれど、この映画は上手くそれを批判しているかな?とも思う。

ケル・ミッチェルは、自分の魅力を知っていて、上手く利用しているなと思う。

(4/20/06:DVDにて観賞)