SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Big Momma's House 2 / 日本未公開 (2006)

Cast >> Martin Lawrence (Malcolm/Big Momma), Nia Long (Sherri), Emily Procter (Leah Fuller), Zachary Levi (Agent Kevin Kennelly), Mark Moses (Tom Fuller), Jascha Washington (Trent Pierce) ...

Director >> John Whitesell
Writer >> Don Rhymer
Producer >> Martin Lawrence, Michael Green ....

総合ポイント >> 3/5点満点

Contents >> 3 Performance >> 3 Direct >> 3 Music >> 3

ビックママの家
以前「ビックママ」に変装して捜査していたFBI捜査官のマルコム(マーティン・ローレンス)が、家族の為に捜査の一線を退き、FBIの広報になっていた。所が、世話になった元相棒が操作中に殺された事を知ったマルコムは、家族に内緒で捜査を始めた所、捜査線上に浮かんだ人物の家で、ベビーシッターを募集中と知り、マルコムはまたビックママに変装して捜査に乗り込むが...

今回は、上手いことまたビックママを再登場させ、しかも以前よりも家族向け映画にして家族の大切さを問うテーマにした。マルコム自身の家庭と、捜査に乗り込んだ家庭という2つの家庭があって、観客には比べやすく分かり易かったと思う。けれど、今回のビックママはトーンダウンしていて、メッセージのインパクトを失ったように思える。前作は、ポール・ジアマッティアンソニー・アンダーソン等が居たせいか、台詞も展開もテンポのいい映画だったが、今回はそのテンポも良くなかった。また前作のように「ビックママ」で黒人文化と笑いを上手くミックス出来てなかったのが、非常に残念。ビックママの家の暖かい雰囲気じゃなくって、お金持ちの家の物理的な映像だったのも、らしさを出せなかった原因だと思う。
別にビックママじゃなくっても...と、ビックママの必要性をあまり感じない映画だった。

(5/12/06:DVDにて観賞)