SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

ATL / 日本未公開 (2006)

Cast >> Mykelti Williamson (Uncle George), Antwan 'Big Boi' Patton (Marcus), Tip "T.I." Harris (Rashad), Keith David (John Garnett), Lauren London (New-New), Jackie Long (Esquire), Evan Ross (Anton "Ant" Swann), Jason Weaver (Teddy), Albert Daniels (Brooklyn), Bone Crusher (Security), Jazze Pha (DJ) ....

Director >> Chris Robinson

Writer >> Antwone Fisher

総合ポイント >> 4/5点満点

Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 3 Music >> 5

Welcome to Atlanta where the playas play
高校卒業を間近に控えていたラシャド(T.I.)は、両親を交通事故で亡くし、弟のアント(E・ロス)を何よりも大切にしていた。掃除人をしているジョージおじさん(M・ウィリアムソン)が、2人の両親が残した家のローンを払いながら面倒を見てきた。ラシャドは、日曜の夜にスケートリンクで友達と一緒に過ごす事が唯一の楽しみだった。そこで、ニュー・ニューという女の子に出会い、初めて人に心を許す事を知る。ATL(アトランタ)に住むラシャドにとって、卒業シーズンは暑い夏の始まりでもあった...

音楽業界に於いて、アメリカ南部という場所が、以前にも増して脅威になりつつある。今年のオスカーの1番印象に残ったのが、南部テネシー出身「Three 6 Mafia」の受賞シーン。以前ラップと言えば、西か東か...だった。今は、その中間にある南部出身者がビルボートのチャートを賑わしている。この映画のタイトル、ATL(アトランタ)は、その中心で活躍している。所が映画となると、南部と言えば未だに「風と共に去りぬ」だし、ブラックムービーでも「Eve's Bayou」位で、南部の脅威を感じさせてくれる作品が少なかった。「Eve's Bayou」にしても、現代の文化を扱った作品でなく、南部の回顧録的な映画だった。現代の南部におけるブラックカルチャーを扱った作品は、やっと去年の「Hustle & Flow」で紹介された位だ。「ドラムライン」という作品もあったが、南部に拘った作りでは無かったし。
今回は、そんな南部の若者達の青春が垣間見られるのが面白い。キャラクターの1人をニューヨーク出身にした事で、南部のスラングとNYのスラングの違いを会話にしている辺りも面白い。それだけでなくて、若者が大人になっていく成長過程の映画でもあって、南部版「ボーイズン・ザ・フッド」的で色々と楽しめる。映画として、何と言っても叔父さんを演じたマイケルティ・ウィリアムソンの存在が、興味深い。父でもない存在で、決して父の振りをしない、普通の大人の男という、彼の存在が現実味があり面白かった。
ラッパーのT.I.やBig Boiが主演の映画なので、音楽の面でも間違いなく楽しめる。

これから、こういう南部の青春映画が増えると面白いかもしれない。今回の映画は、アトランタ100%の映画だったので、これからはテネシーアラバマアーカンソー、テキサス産の青春映画が出来たら、土地それぞれの面白さがあって楽しそうだ。
映画産業にも於いて、アメリカ南部が脅威になって欲しい...と願ってしまう映画。

(4/9/06:劇場にて観賞)