SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Fear of a Black Hat / 日本未公開 (1994)

Cast >> Mark Christopher Lawrence (Tone Def), Larry B. Scott (Tasty Taste), Rusty Cundieff (Ice Cold), Kasi Lemmons (Nina Blackburn), Faizon Love (Jam Boy), Deezer D (Jam Boy) ....

Director >> Rusty Cundieff
Writer >> Rusty Cundieff
Producer >> Darin Scott, W.M. Christopher Gorog ....

総合ポイント >> 4.25/5点満点

Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 5

N.W.H. is N.G.H (New Generation of Humor)
N.W.H.(Niggaz with Hats)は、アイス・コールド(R・カンディエフ)とテイスティー(L・スコット)、トーン・デフ(M・C・ローレンス)の3人のラップトリオ。ライバルのジャム・ボーイと争いながらも、徐々に人気が出始めてきた。大学教授の二ナ(K・レモンズ)が、彼等のドキュメンタリーを撮る事になり...

少しでもラップを知る人ならば、タイトルもパブリック・エナミーの「Fear of A Black Planet」のパロディだと分かる筈だ。そして彼等の「N.W.H」は、もちろん「N.W.A」のパロディで、一人一人の役名もアイス・キューブやトーン・ロックのパロディ。バニラ・アイスならぬバニラ・シャーベットまで登場している。
「CB4」も同じようにラップのパロディ映画だったが、こちらとは随分違う。ラップそのものをパロディにしているのが、こちらの作品だ。彼等の出身地が「どこかの荒れた地区」だったのも面白かったが、さらにアイス・コールドが「そんなの言う必要ないだろう!」と逆ギレするのが、非常にブラックユーモア溢れていたと思う。ラップといえば、ニューヨークかロサンジェルスのような大都市の荒れた地区出身者と、当時は相場が決まっていただけに、その台詞には意味があった。

クリス・ロックデイブ・シャペルのコントを、インディ系映画らしくオフビートにした感じがする。彼等の新しい世代のコメディの流れを感じる事の出来る作品。

(3/19/06:DVDにて観賞)