SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Foxy Brown / 日本未公開 (1974)

Cast >> Pam Grier (Foxy Brown), Antonio Fargas (Link Brown), Peter Brown (Steve Elias), Terry Carter (Michael Anderson/Dalton Ford), Kathryn Loder (Katherine Wall), Harry Holcombe (Judge Fenton), Sid Haig (Hays), Juanita Brown (Claudia) ....

Director >> Jack Hill
Writer >> Jack Hill

総合ポイント >> 4.25/5点満点

Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 5

女の復讐
連邦刑事のマイケル(T・カーター)は、囮捜査中に大怪我をし、整形手術をして新たな人間として社会に戻ってきた。恋人のフォクシー・ブラウン(P・グリア)にも、日ごろから銃等のトレーニングをさせていた。そのフォクシーの所に、弟のリンク(A・ファーガス)から助けを求める電話がかかってきた。リンクを無事に助けたフォクシーは、マイケルとヴァケーションに行く用意をしていたが....

女のエゴによって、1人の女が傷つき苦しむ。2人に接点があるならば、2人共に恋人を愛しているという事。それを知る傷ついた女の復讐方法は簡単だった。最後の台詞が、凄く納得出来る。
女の哀しみ弱さ、それとは逆に女の可愛さ強さが伺える作品。強いだけのパム・グリアだけじゃなくって、恋人に滅茶苦茶甘い所(病院でのシーン)とかもあるのが、この作品の好きな所。その女の可愛さと強さの両方を完璧に演じられるのが、パム・グリアという女優。その彼女の良さが1番分かる作品。

(3/18/06:DVDにて観賞)ISBN:0792841980