SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Rappin' / ダウンタウン・ウォーズ (1985)

Cast >> Mario Van Peebles (John Hood), Eriq La Salle (Ice), Rony Clanton (Cedric), Eyde Byrde (Grandma), Rutanya Alda (Cecilia), Kadeem Hardison (Moon), Leo O'Brien (Allan), Ice-T (Himself) ....

Director >> Joel Silberg
Writer >> Adam Friedman, Robert Jay Litz

総合ポイント >> 3/5点満点

Contents >> 3 Performance >> 3 Direct >> 2 Music >> 4

Mumblin'
ジョン・フッド(M・ヴァン・ピープルス)は、監獄からピッツバーグの町に戻ってきた。早くも仲間達と合流し、ラップを楽しんでいた。小さな弟とおばあちゃんが待つ家に戻ると、最近弟の素行が悪い事を聞かされる。そして、ジョンが町を離れている間に、ジョンの下にいたドゥエインが悪い仲間と共に新しいグループを結成し、ジョンの彼女を奪って、ジョンのライバルへののし上っていた。さらには、セドリック(R・クラントン)が指示を受けて、町の土地の買占めをしていた。ジョンは、町の為に立ち上がるが...

「Breakin'/ブレイクダンス」の監督ジョエル・シルバーグなので、内容が似ている。見た後は、素直な気持で前向きに明るくなる。ただ前作と違ったのが、「ブレイクダンス」では、本物のブレイクダンスのスターを使ったのに対して、こちらの映画ではラップの本物のスターがアイスTだけで、しかも彼はゲスト出演で殆ど出番なし。ラップを披露するのが、俳優のマリオ・ヴァン・ピープルスやエリク・ラサールなので、ラップに重みがない。これ見て「ラップがかっこいい、ラップがしたい」と思う人はゼロだろう。
ブレイクダンス」のように本物の技が見れたら、カルト人気な作品になった筈。
(3/11/06:DVDにて観賞)ISBN:6302148367