SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Roll Bounce / 日本未公開 (2005)

Cast >> Bow Wow (X), Chi McBride, Wesley Jonathan (Sweetness), Jurnee Smollett (Tori), Meagan Good (Naomi), Mike Epps, Charles Q. Murphy, Brandon T. Jackson (Junior), Rick Gonzalez (Naps), Marcus T. Paulk (Boo), Khleo Thomas (Mixed Mike), Nick Cannon (Bernard) ....
Director >> Malcolm D. Lee
Writer >> Norman Vance Jr.
Producer >> George Tillman Jr., Robert Teitel ....

Contents >> 3 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 3

A Wonder Summer for A Wonder Boy
X(バウ・ワウ)は、いつもの4人と近所のローラースケートリンクでつるむのが日課。近所にトリ(ジャーニー・スモレット)という女の子が、離婚したママと引越してきた。暫くすると、近所のローラースケートリンクが閉鎖されることになった。5人は、郊外のリンクに行かなければならなかったが、そこにはXの最大のライバルであるスイートネス(ウエズリー・ジョナサン)がいた。またXの幼馴染のナオミ(ミーガン・グッド)が去年とは全く違った大人の女性になっていた。

日本でずっと育った私には、アメリカの70年代はTVか映画でしか見たことのない世界だ。でもその世界は、作り物なんだろうとは感じていた。
アメリカの70年代のブラックの少年達の心を描くのが得意な人がいる。エリック・モンテというライターだ。「Cooley High」という映画や「Good Times」「What's Happening!」等のテレビ番組を手がけた人物だ。この映画は、全くエリック・モンテとは関係ないが、エリック・モンテの作品を思わせる程に、70年代の雰囲気と少年達の心がある。それば、バウ・ワウの才能に頼る所も大きいが、「アンダーカバー・ブラザー」で70年代のファンキーを見せてくれたマルコム・D・リーの演出も良かった。

ひと夏の体験は、バウ・ワウのまた違う才能を成熟させたように思う。

(12/25/05:DVDにて観賞)