SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Four Brothers / フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い (2005)

Cast >> Mark Wahlberg (Bobby Mercer), Tyrese (Angel Mercer), Andre 3000 (Jeremiah Mercer), Garrett Hedlund (Jack Mercer), Terrence Dashon Howard (Lt. Green), Josh Charles (Detective Fowler) ....
Director >> John Singleton
Writer >> David Elliot, Paul Lovett
Producer >> Lorenzo di Bonaventura ....
総合ポイント >> 3.25/5点満点
Contents >> 3 Performance >> 3 Direct >> 3 Music >> 4

Sweet Revenge
デトロイトで育った4人兄弟。大人になってそれぞれ別の道に進んでいたが、彼等の養母が殺されたのをきっかけに、デトロイトへ戻ってきた。リベンジのつもりで、養母を殺した男を捜していたが、4人は次第にそれが大きな組織が絡んでいる事を知り...

70年代のファンクな音楽をふんだんに使い、内容も「リベンジ」に拘った所を見ると、「シャフト」のリメイクでこけたジョン・シングルトンの「リベンジ」にも思えてくる。デトロイトの寒い冬に設定したのは、寂れた淋しい町の雰囲気は、さすがモータウンを生んだ町、作品の舞台にぴったりだ。ただ映画がそれを越してないのが残念。マーヴィン・ゲイの「Trouble Man」も、ザ・テンプテーションズの「Papa was a rollin' stones」も、映画にはカッコ良過ぎるのだ。

4人それぞれのキャラクターがあるのはいいのだけど、兄弟でも結局は人種毎に分かれてしまった感がある。それは、シングルトンの「ハイヤー・ラーニング」の時と同じ意見なのかもしれない。分かりにくいけれど。

ジョン・シングルトンの本格的「リベンジ」は、もうそろそろ果たされそうな可能性は、感じた。

(12/22/05:DVDにて観賞)