SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Stir Crazy / スター・クレイジー (1980)

Cast >> Gene Wilder (Skip Donahue), Richard Pryor (Harry Monroe), Georg Stanford Brown (Rory Schultebrand), JoBeth Williams (Meredith), Miguel Angel Suarez (Jesus Ramirez), Craig T. Nelson (Deputy Ward Wilson), Barry Corbin (Warden Walter Beatty), Charles Weldon (Blade) ....

Director >> Sidney Poitier
Writer >> Bruce Jay Friedman

総合ポイント >> 3点/5点満点

Contents >> 3 Performance >> 3 Direct >> 3 Music >> 3

Stare crazy costume

ハリー(リチャード・プライヤー)は、ウエイターの仕事を失ったばかり。ハリーの友達のスキップ(ジーン・ワイルダー)も、売れない劇作家。2人はニューヨークからロサンジェルスに移る決意をする。途中、お金が無くなったので、銀行の客寄せの為に派手なキツツキの格好でバイトするも、彼等がランチ中にコスチュームが奪われ、銀行強盗に使用されてしまい、ハリーとスキップは、間違えられて刑務所に入る。そこで待ち受けていたのが、意地悪な看守達だった。看守達の企みで、スキップは刑務所対抗のロデオ大会に出演する事になるが...

リチャード・プライヤーは、最初から飛ばしてくれる。けれど、そんなプライヤーですら、魂が入ってなさそうな感じを受ける。彼が乗る気で演じていないのが、よく分る。途中の見せ場になるキツツキのコスチュームも、プライヤー本人は嫌がり、他の人が演じているそうだ。(ジャケットの写真だけ仕方なく撮影に応じたそう)内容も、「ロンゲスト・ヤード」にソックリなので、面白い事は面白い。けれど、何かプライヤーの魂を感じないので、抜けている気がした。ジーン・ワイルダーも面白かったけれど、彼が出るととたんにテンポが遅くなって、間延びした感じが出ている。

リチャード・プライヤーの本当の面白さが出ていない。クレイジーなキツツキ見つめても、面白さが半減だ。

(8/21/05:DVDにて観賞)