SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Stealth / ステルス (2005)

Cast >> Josh Lucas (Lt. Ben Gannon), Jessica Biel (Kara Wade), Jamie Foxx (Henry Purcell), Sam Shepard (Capt. George Cummings), Richard Roxburgh (Keith Orbit), Joe Morton (Capt. Dick Marshfield) ....

Director >> Rob Cohen
Writer >> W.D. Richter


総合ポイント >> 2点/5点満点

Contents >> 2 Performance >> 2 Direct >> 2 Music >> 2

Error!

アメリカ軍のトップシークレットのプログラムを担当する事になった、優秀なネイビー・パイロットの3人。その3人は、最新のコンピューターが搭載されたステルス機に乗る事になった。今まで3人で任務を果たしてきたが、今度の任務は、4人目のEDIが加えられる事になった。そのEDIとは、AI(人口頭脳)だった。

最新コンピューターを扱った割には、計算狂ったか、間違いが多い。唯一間違えなかったのは、ステルスが主役の映像だけ。内容といい、テーマといい、キャスティングといい、どこか物足りなさを感じる。映像に全てが負けている感じだ。
北朝鮮を爆発!」とか派手な宣伝をうった割には、内容が薄いので、アメリカの夢だけを見せられて終了。この内容で120分は、誰もが辛く感じる筈。
売れ線を狙ったのがバレバレな、取ってつけたような面白くない恋愛までつけてくれちゃったので、気分は悪くなる一方。

あまり知名度のない主役2人に、客寄せパンダ状態のジェイミー・フォックス。客寄せなのに、見せ所もなく... 怒りを通り越して泣きたくなる位だ。
ロブ・コーエンのお茶目さも垣間見られない。「XXX」みたいなお茶目さがあれば、もうちょっと面白かっただろうに。真剣に作りすぎたのかもしれない。
計算間違えもいいところ。これがコンピューターだったら、叩き割ってたかもしれない。

(8/16/05:劇場にて観賞)