SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Guess Who / 日本未公開 (2005)

Cast >> Bernie Mac (Percy Jones), Ashton Kutcher (Simon Green), Zoe Saldana (Theresa), Judith Scott (Marilyn), Sherri Shepherd, Jessica Cauffiel, RonReaco Lee, Kellee Stewart, Jill Wagner, Amanda Tosch ....
Director >> Kevin Rodney Sullivan
Writer >> David Ronn, Jay Scherick, Peter Tolan

総合ポイント >> 3点/5点満点

Contents >> 3 Performance >> 3 Direct >> 3 Music >> 3

Guess What?

サイモン(アシュトン・カッチャー)は、週末に婚約したばかりの恋人テレサゾーイ・サルダナ)の実家に行く予定だった。所が、サイモンは会社から解雇されてしまい、テレサの父親のパーシー(バーニー・マック)は、厳しいので、無職のサイモンは認められそうにないが...

シドニー・ポワチエやヘップバーン&トレイシーの「招かれざる客」のリメイクとも言われているが、どちらかと言うと「ミート・ザ・ペアレンツ」の方が近い。「ミート〜」に「招かれざる客」の人種の部分だけひっくり返して付け加えただけ。
例えば「招かれざる客」だったら、招く方のヘップバーンとトレイシーの葛藤と、招かれたポワチエの苦悩があって、別に自分をどれかの役に置き換えなくとも、見ごたえがあった。ただ3人の演技を見ているだけでも面白さがあった。

この映画は「ミート・ザ・ペアレンツ」程の面白さもないし、「招かれざる客」程に演技に見ごたえがある訳でもない。それでも、バーニー・マックのお父さん演技は見ごたえがある。ロバート・デ・ニーロの元FBIの神経質なお父さんとは、全く逆の豪快なお父さんも、やっぱり娘には結婚して欲しくない気持が出ていて面白かった。けれど物語が、ありきたりな割りには、肝心なポイントが見えてこない。いや、ポイントは分るんだが、だから?位にしか思えないような内容。もう一練り欲しかった。

(8/10/05:DVDにて観賞)