SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Crash / クラッシュ (2005)

Cast >> Sandra Bullock (Jean), Don Cheadle (Graham), Matt Dillon (Officer Ryan), Jennifer Esposito (Ria), William Fichtner (Flanagan), Brendan Fraser (Rick), Terrence Dashon Howard (Cameron), Ludacris (Anthony), Thandie Newton (Christine), Ryan Phillippe (Officer Hansen), Larenz Tate (Peter), Nona Gaye (Karen), Michael Pena (Daniel), Tony Danza (Fred), Keith David (Lt. Dixon) ....

Director >> Paul Haggis
Writer >> Paul Haggis

総合ポイント >> 4.5点/5点満点

Contents >> 5 Performance >> 4 Direct >> 5 Music >> 4

在り得る自分に近い他人

様々な人種が交差するLAの街角で、人種差別的なベテラン警官(M・ディロン)と理想に満ちた新人警官(R・フィリッペ)は、成功したTV監督である黒人夫婦(T・ハワード&T・ニュートン)の車を止めた。また違う街角では、2人の自動車強奪(L・テイト&リュダクリス)が、地区検事(B・フレイザー)と、その妻(S・ブロック)のSUVを強盗する事に成功させた。地区検事の要望で、家の鍵を取替えに、大人しい仕事熱心なヒスパニック(M・ぺナ)が来た。また別の街角にあるペルシア人のお店の経営者(S・タッブ)は、お店を守る為に銃を買っていた。そんなLAを見守りながらも、自身の居なくなった弟を探している刑事(D・チードル)が居る。そんな人々が、いつの間にかLAで繋がっていく...

オスカーにも輝いた作品「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本家として有名なポール・ハギスが、脚本と監督をも務めた作品。その「ミリオンダラー〜」に比べると、アメリカ的なヒロイック気取りもなく、自分にも起こりうるかも...という感覚になる程に、身近に感じる。いや、既にあのキャラクターのどれかに自分が当てはまっているのかもしれない。
また、これだけ沢山のキャラクターが居ると、物語が複雑になって、観客の頭が混乱する事が多いが、この映画は物語がまとまっていて、混乱する事なく見る事が出来る。けれども見終わった後は、観客の心がかき乱される。先に書いたように「自分にも起こりうるかも」という茫然とした考えと、「自分はあのどのキャラクターなんだろう」という思い。

他人との出会いは、いつも素敵な事ばかりじゃないかもしれない。それでも、私に近い他人は、いつでも存在する。いつか、どこかの街角で出会ってしまうかも。不思議と心をかき乱される。

(8/8/05:劇場にて観賞)