SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

She Hate Me / 日本未公開(2004)

Cast >> Anthony Mackie (John Henry 'Jack' Armstrong), Kerry Washington (Fatima Goodrich), Ellen Barkin (Margo Chadwick), Monica Bellucci (Simona Bonasera), Jim Brown (Geronimo Armstrong), Ossie Davis (Judge Buchanan), Q-Tip (Vada Huff), Dania Ramirez (Alex Guerrero), John Turturro (Don Angelo Bonasera) ....

Director >> Spike Lee
Writer >> Michael Genet

総合ポイント >> 4/5点満点

Contents >> 4 Performance >> 4 Direct >> 4 Music >> 4

スパイク・リーが作るからこそ意味がある。

エイズ治療薬の研究等を行っているバイオテクノロジー会社の重役であるジョン・”ジャック”・アームストロングは、信頼していた研究者を自殺で失う。その時、自分が大きな組織に仕組まれた事を知る。そんな時、レズビアンになった元フィアンセに出会い、自分と彼女の子供の父親になって欲しいと頼まれるが...

スパイク・リーが作っていなかったら、面白くなかったと言い切れる。冒頭にブッシュ大統領の顔が印刷された3ドル札とか、意味もなく挿入されるのも、リーらしさだと言える。けれど、リーがそれをすると、なぜか意味があるように思えてくるのだ。

レズビアン達が嬉しそうにジャックと寝ていく姿は、どうも説得力がない。幾ら、主人公の男性が魅力的とは言え、そこにはヘテロセクシャル異性愛者)な人々、特に男性的な思想が丸見えだ。また、エイズ治療薬に携わってきた男が、あんなに安易に多くの異性と無差別に性行為をするのにも疑問が生まれる。

けれど、さすがスパイク・リー。そういう疑問をも、私達への問題定義として、映画を見終えた後、じっくりと私達に考えさせる内容なのだ。先のブッシュの3ドル札も、ブッシュの中絶問題へのあてつけなのかもと、思わせるのが、リーの手法だ。

映画が終わった後、私が考えたのは、こうだ。
お金が全てとなった今の世の中、家族の形まで、お金で変え(買え)壊れてきたのかもしれない。

(5/9/2005:DVDにて観賞)

採点は、100本映画で書いた時と変えさせてもらいました。