SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

White Chicks vs Soul Plane

年末スペシャル番組に備えて、今年初めてTVガイドの雑誌を買った。そこで見つけたのが「おバカ映画対決」という説明。バカに「お」つけても、面白くないじゃん...と日ごろから思っていたけど、嫌な予感がしたので、見てみた。あまりにも最悪なので、途中で見るのをやめた。無意味で悪意のある差別を感じたからだ。「おバカ映画対決」という題材だけでも、無意味なのに、さらに「見たくないおバカ映画対決」となっていた。その「おバカ映画」に選ばれてしまったのが、「White Chicks」と「Soul Plane」。
明らかにやる気のない説明に、悲しくなった。ブラックコメディ(黒人のコメディっていう意味で)って、日本には受け入れ不可なのだろうか?コンスタントに日本で劇場公開されるのって、未だにエディ・マーフィだけだ。日本人には、かなり縁遠いのかもしれない。
White Chicks」や「Soul Plane」も、一見、なーーーんもメッセージ性とか無さそうなんだけど、実はメッセージ性が深かったりするんだけど、気づく人はあまり居ない。と、言うのも、「White Chicks」を作ったウェイアンズが前に作った映画「Don't Be a Menace.../ポップガン」を見ると良く分かる。プロデューサーである、キーネン・アイボリー・ウェイアンズ(「White Chicks」では監督)が、カメオ出演して、わざわざ「Message!」と教えてくれるシーンが幾つかある。「Don't Be a Menace.../ポップガン」は、90年代に流行った、分かり易いメッセージ性のあるブラックムービーをパロディにした作品だった。ウェイアンズは、その分かり易いメッセージをも、その映画で批判していたのだ。なんて事は、日本人には興味ないものね。そういえば、ある本でウェイアンズが嘆いていたのを思い出した。「ブラックエクスペリエンス(黒人が体験する事柄)の映画を作って、彼等(非黒人、特に白人)に見てもらおうとしても、彼等はそれを気にしちゃくれないんだ。自分達の映画を作りたいという事と、みんなに見てもらうという間に、フラストレーションを感じる。」と。

変な番組のせいで、涙出そうになった。その前まで、テレビで久々に「グリマーマン」を見た日で、ウキウキしてたのに。

でも、その変な番組のお陰か、「Soul Plane」を検索して、ここにたどり着いた人も多いのも事実。でも、普通に「面白そうな映画対決」でも良かったじゃん... 悪意感じる内容だったもの。