SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Shark Tale/シャーク・テイル (2004)

Cast (VOICE) >> Will Smith, Robert De Niro, Renee Zellweger, Angelina Jolie, Jack Black, Martin Scorsese, Ziggy Marley, Doug E. Doug, Michael Imperioli, Vincent Pastore, Peter Falk ....

Director >> Bibo Bergeron, Vicky Jenson, Rob Letterman

Writer >> Rob Letterman, Damian Shannon, Mark Swift, Michael J. Wilson ....

Genre >> Animation

Point >> 2.5

Contents >> 3 Performance >> X Direct >> 2 Music >> 3 (アニメーション作品なので、演技は評価なし)


ブラックムービーなのか?
ウィル・スミスが主役の声を担当し、1976年作「Car Wash/カーウォッシュ」の物語を真似ていたとしても(リメイクと呼ぶには苦しい)、この作品をブラックムービーと呼ぶには、いささか抵抗がある。
主役のオスカーは、1990年初頭を思わせるストリート・トークで話し、ラストで変わるとしても、現実に向き合わない無責任な男だ。主役の声を演じたウィル・スミスという影がある限り、ハリウッドの古い歴史を感じない事は不可能。
他のキャラクターにしても然り。短気なイタリアン・マフィアだったり、なあなあ主義なジャマイカンだったり、セクシーな白人女性は成金主義だったり、真面目な白人女性は良心的。子供が楽しむ筈なアニメで、一緒についていく大人は居心地悪い。
声を担当した俳優が悪いと思わない。きっと、そのストーリー性が、そう思わせた。主役のオスカーが、もうちょっと違うキャラクターだったら、こうまでは思わなかった筈。ブラックの俳優が主役の声を担当した「Osmosis Jones」では、その心地悪さがまるで無かったのだから。

思いっきりブラックムービーのテイストを使用しながらも、全然違うと思わせる作品だ。なぜなら、実写版でウィル・スミスとレニー・ゼルウィガーのラブストーリーが見たいと意地悪に思わせる後味。

(10/22/04)