SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Cookout (2004)

Cast >> Storm P, Eve, Frankie Faison, Farrah Fawcett, Danny Glover, Queen Latifah, Jenifer Lewis, Tim Meadows, Ja Rule, Meagan Good ....
Director >> Lance Rivera
Writer >> Queen Latifah, Shakim Compere ...
Genre >> Comedy

Point >> 3

Contents >> 3 Performance >> 3 Direct >> 3 Music >> 3

ママはいつも正しい。
悪くない。笑える。けれど、なぜか面白くないのだ。物語も面白い題材なのだけど、すぐにオチが分かってしまう。それだけに分かり易い笑いが沢山だ。最後のビックリゲストも彼じゃなくって、コービー・ブライアントの方が、この映画のストーリーに合っているから、もっと笑えた気がした。

ジャ・ルールのキャラクターは要らないかな?って気もする。間延びするだけだった。ダニー・グローバーのキャラクターも然り。クイーン・ラティファのキャラクターが強烈なので、その2人のキャラクターは無駄な気がした。

タイトルから察するに映画「ソウルフード」の雰囲気を持たせたかったのだと思う。「クックアウト」も「ソウルフード」と同じ位、ブラックファミリーでは、ポピュラーな事。要は、両方共に食を囲んで家族が集まる。また、「ソウルフード」でもそうだったが、指揮を執るのは、ママかお祖母ちゃん。一つ違う点があるとしたら、「ソウルフード」の場合(日曜の)は、男性はキッチンには立たない事が多いが、「クックアウト」の場合は、大抵男性がグリルの前で肉を焼く事が多いって事。そのせいもあってか、この映画では男性が活躍する。パパも叔父さん連中も、主人公に口を挟む事が多い。けれど、やっぱり一番目立つのは、ママ。この映画で唯一好演していたのも、ママ役のジェニファー・ルイス。ママが、息子の派手なガールフレンドを意地悪にイジメル姿が、可愛らしい。しかも、本当に嬉しそう。私にも息子がいるが、あの気持が痛い程分かるのだ。

ソウルフード」もそうだったように、やっぱりママが一番正しい。

(11/2/04)