SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Ray 「レイ」(2004)

Cast >> Jamie Foxx, Regina King, Kerry Washington, Aunjanue Ellis, Terrence Dashon Howard, Harry J. Lennix, Clifton Powell, Larenz Tate, Bokeem Woodbine ....

Director >> Taylor Hackford

Writer >> James L. White, Taylor Hackford

Producer >> Taylor Hackford, Ray Robinson Charles Jr. ....

Genre >> Drama

Point >> 4.75

Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5


伝説が伝説を生んだ。
主演のジェイミー・フォックスが演じたレイ・チャールズという人物は、おそらく誰もが名前くらいは知っている音楽界の伝説だろう。その伝説レイ・チャールズを演じきったジェイミー・フォックスも、本作品以降、必ずや映画界の伝説に名を刻むに違いない。
映画の中で伝説の人を演じようとすると、演じる側のそれまでのイメージが付きまとい、演じられる人物とのギャップを生む。しかし、今回フォックスが演じたレイ・チャールズは、きっと誰もがすぐに脳で「レイ・チャールズだ」と認識出来る程の変貌ぶり。レイ・チャールズらしい台詞の面白さも、フォックスのコメディアンとしてのキャリアを生かし、絶妙の間で観客を笑わせる。ピアノマンとしてのレイ・チャールズを取っても、ピアノの奨学金で大学まで通っていたフォックスの才能が、十分にスクリーンに生かされて、演奏中の無駄な動きが全くなく、ナチュラル。また、俳優としてのフォックスらしい、絶妙のタイミングで、感動的な台詞を残し、多才なフォックスにしか出来ない存在感を十分にアピールしている。

また、長いレイ・チャールズの音楽生活の中で、監督のテイラー・ハックフォードが、1960年代のレイ・チャールズに拘った理由は、きっとレジーナ・キングが演じたマージ・ヘンドリックスにあると思う。また、そうしたくなる程のパワーをレジーナ・キングは持っている。キングの台詞は、ただでさえ強い台詞なのに、彼女が発するとより一層力を増し、印象が強く残り、感動する。今回も、キングのそんな良さが十分に生かされていて、「ツアー中は、私がレイ・チャールズ夫人よ」という言葉が、映画の中で一番印象的であり、レイ・チャールズという人を一番表現していた言葉と感じた。
またもう1人の女性であるメアリー・アン・フィッシャーを演じたアンジャンヌ・エリスの魅力も忘れがたい。彼女のラストシーンで小走りにタクシーに乗り込む時の後姿が愛らしくてたまらない。レイ・チャールズを取り囲む3人の女性の中では一番登場シーンが少ないけれど、彼女の魅力を感じる事が出来た。

ただ、全体を通して見ると、物語が長い。彼の長い間の功績を考えると、物語が長くなるのは致し方なく思えるが、若者には通用しなかったようだ。私が劇場に見に行った時には、途中で多くの若者が席を立ち、劇場を後にしてしまった。彼等のような若者にこそ、見てもらいたい作品な筈なのに。同じような音楽ドラマ映画だと、ロバート・タウンゼントの「The Five Heartbeats/ファイブ・ハーツビーツ」や「Little Richard/リトル・リチャード」、「The Temptations/テンプテーションズ」等の作品と比べると、作品と観客が一喜一憂出来る何かが足りなかったように感じた。若者が夢中になるような話題があって欲しかった。
音楽が、その若者を引きつける話題になって欲しかった。若者でも一度は聞いた事があるであろう名曲「What'd I Say」や「Hit The Road Jack」を作るエピソードや、ゴスペルミュージックやカントリーミュージックを取り入れて新しい音楽を作り出した彼の功績が、映画では十分に楽しめるようになっているのに、若者には物足りなかったようなのが残念。

劇中の歌も殆どがレイ・チャールズ本人の吹き替えで、彼の歌声が楽しめるのも嬉しい。彼の姿はもう見られないけれど、私達が好きな彼の歌声は、まだ生きているのだと、励まされる。

ジェイミー・フォックスレジーナ・キングの2人がスクリーンに映るだけで、ドラマが生まれる。そして伝説が生まれた。

(11/12/04)