SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
*映画秘宝 1月号にて『マイ・サンシャイン』とオールタイム・アメコミ映画キャラ総選挙!に参加。(11/21/18)
*
映画秘宝 11月号にてアメリカン・コメディ最新事情のコラムを寄稿。(9/21/18)
*映画秘宝 10月号にてエチオピア映画『チャイルド・マリッジ- 掠奪された花嫁』について寄稿。(8/21/18)
*別冊映画秘宝アメコミ映画完全ガイド2018にて黒人スーパーヒーローの歴史と『ブラックパンサー』について寄稿。(6/27/18)
過去記事

愛 / 松本人志 27冊目

はてな年間100冊読書クラブ

松本人志 愛 (朝日文庫)

前にも読んだ事があるので再読。
丁度まっつんが、裁判で光文社に勝ったとの記事を読んだんだけど、90万じゃ、勝った気にはなれないね。お金の問題じゃなくて、勝った事がまっつんには、大事な事なんだろうけど。そういえば、この話もこの本に載ってた。普通は防犯に使う筈の、防犯カメラの映像を載せられたのが許せないそう。納得。

あ、読書クラブももうそろそろ期限が来るけど、読めないよー!40冊なのに、情けない...

アメリカ内乱 白人の論理 / 日高義樹 26冊目

はてな年間100冊読書クラブ
アメリカ内乱 白人の論理―追いつめられた黒人と日本人への警告 (カッパ・ビジネス)

話がいきなり飛びますが、この本の一冊前に本を読んだ安達元一氏、ガキの使いを辞めるとか、辞めないとか?まっちゃんが、止めると思うけれど... あまりにもタイムリーでビックリでした。

話を戻します。
1992年に起きたロス暴動をメインに書かれています。ブラックパンサーのボビー・シールをボビー・シルバーと誤植もあるが、中々興味深い内容。アメリカの白人が黒人達にしてきた事を学びながら、日本人は政治的に、どうアメリカの白人達と付き合っていけばいいのか... 中々面白かったです。
でも、その1992年に書かれた本なので、コンドリーザ・ライスや今の共和党をどう考えているのかも知りたいと思いました。

(4.5点/5点満点中)

視聴率200%男 / 安達元一 25冊目

はてな年間100冊読書クラブ

視聴率200%男 (光文社新書)

名前見た時に「あ、ガキの使いの中途半端な髪の長さで真ん中分けした、めがねの人」と浮かびました。それだけ、ガキの使いのクリエーター達は、有名ですよね。ガキの使いの人だから...という理由だけで読みました。
面白い経歴の人なんですね。プロフェッショナルな人で、自信満々な人でした。

(3点/5点満点中)

関根勤のフルコンタクト映画館 24冊目

はてな年間100冊読書クラブ

関根勤のフルコンタクト映画館

関根勤のフルコンタクト映画館

この前の「関根勤のサブミッション映画館」から続けて読みました。前回と同じく関根ワールド全開。
この前読んだ時の感想に、「関根さん、スティーブ・マーティンPink Pantherが楽しみだろうな〜」と書いたけれど、今回の本では、ピーター・セラーズPink Pantherが大好きだと知りました。大好きな俳優が、大好きな映画のリメイクをするなんて、本当に嬉しいだろうなー。いや?逆に複雑かな?関根さんは、楽しみ派な筈。
「Pink Panther」が日本で公開されたら、関根さんのコメントをパンフで見たいです。意味もなくピンク色で強調してみました。私の今週のラッキーカラーはピンクらしいし。
モーガン・フリーマンは好きらしいけれど、ウェズリー・スナイプスは、あんまり好きじゃないらしい。関根さんが大好きなアクション俳優となった今、どうお考えなんだろう?相当訓練している人だから、「ブレイド」のキレは素晴らしいと思うのだけど... しかも、カポエイラやってる俳優も少ないので、認めてくれてると嬉しい。確かに、ウェズリーは、「ファン」みたいな映画よりも、「ニュー・ジャック・シティ」とか「シュガー・ヒル」で見てもらいたいな。「ウォーターダンス」なんていうドラマ作品も素晴らしかった。
関根さんには、ジョン・リスゴーの「3rd Rock from the Sun」見てもらいたいなー。

(4点/5点満点中)

アフリカの底流を読む 22冊目

はてな年間100冊読書クラブ

アフリカの底流を読む (ちくま新書)

アフリカの底流を読む (ちくま新書)

目から鱗です。
ホテル・ルワンダ」を見る前に、この本を読んでいたら、映画に対する評価がだいぶ違ってきていたかも。こういう第3者的な「ルワンダ」の描き方もある。
アフリカって、本当に奥深い。帯にも書いてあるように、等身大のアフリカが、この本にはある。アフリカに思いをよせる幻想と固定観念を拭いさってくれる。第3者として、上手くアフリカを書いていると思う。
でもまたその向こうには、作者のアフリカへの愛を感じる。良くも悪くも、アフリカ。久々に読み応えのある本に出会えた。

(5点満点)

関根勤のサブミッション映画館 23冊目

はてな年間100冊読書クラブ

関根勤のサブミッション映画館

関根勤のサブミッション映画館

えっと、読書クラブをすっかり忘れていたのと、読書癖が急になくなったので、これじゃヤバイ!と早速読みました。

関根ワールド全開ですね。関根さんのアクション映画の趣味は、うちのおっさんと同じ。関根さんが語っている映画は、うちのおっさんが大体DVD持ってます。ちなみに、ソニー千葉の10本セットDVDもあります。
クリストファー・ウォーケンとルドガー・ハウアー、ウィレム・デフォーの3人が絡む3角関係の映画、私も見てみてみたいです。ここの部分を読んでから、3人が裸で私の頭の中でグルグル回る〜。怖いよー。私の場合、ウォーケンとデフォーの絡みに、ハウアーが入ってくる設定です。
関根さんは、スティーブ・マーティンのファンなんですね。今回の「Pink Panther」嬉しいだろうなー。ケビン・クラインも一緒に出てるし。
マーティンが日本で人気がない事を悲しんでる関根さん。ズッカー兄弟も好きなんですね。私のウェイアンズへに対する気持と全く一緒です!ウェイアンズの場合、映画を作るし兄弟なので、マーティン+ズッカー兄弟ですからね。最強ですよ。よって哀しみも倍ですよ...
(4点/5点満点中)

ニュー・アメリカン・ピープル 21冊目

はてな年間100冊読書クラブ

ずっと忘れてました。
古い本に思えたんですが、1989年が初版なんで、14年前の本ですね。古本屋で買いました。色んな州から、様々な人々が取材を受けたようで、面白いです。副題に「普通の人々が語る」なんて書いてありますが、クー・クラックス・クランのリーダーで大統領に立候補したデビット・デュークは、「普通の人々」に思えないんですけど...ね。それでも、少年野球のエースとかショーダンサー、ブルース・シンガーとか、色んな人がいて面白いです。古いんで、今どうしてるんだろう?なんて思って調べていると、メジャー・リーガーになるのが夢だと語っていた少年野球のエースは、大学野球を経て、メジャーでドラフトされた事までは分かったけれど、それ以降の名前が出てこないので、多分そのままなんでしょうね。
他にも政治家になるのが夢だと言っていた青年も名前を検索してみたけれど、出てこず。
何かそういう部分も含めて面白かったです。

(4点)