SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

BETアワード2015

@LeratoAnzjp: BETアワードのノミネートが発表。 URL2015-05-19 03:16:33 via Twitter Web Client安定の映画部門のやる気の無さ!!

オビー賞

@LeratoAnzjp: オフ・ブロードウェイの賞オビー賞が発表!演劇部門でスティーブン・ヘンダーソンとエイプリール・マシス、戯曲部門でスーザン・ロリ・パークスが選ばれている!URL2015-05-19 12:06:31 via Twitter Web Client@LeratoAnzjp: スティーブン・ヘ…

エディ・マーフィ

ケネディ・センターが開催している素晴らしい功績を残したコメディアン・喜劇俳優に贈られる賞であるマーク・トウェイン賞。今年はエディ・マーフィが受賞する事が分かった。今年で18回目となる。第一回目の受賞者はリチャード・プライヤーで、ビル・コズビ…

国際スポーツ殿堂

アーノルド・シュワルツェネッガーが開催する「アーノルド・シュワルツェネッガー・スポーツ祭」で開催されたのが、国際スポーツ殿堂の授賞式。今年で4回目。第一回では、アーノルド・シュワルツェネッガーやランディ・クートゥアにマーク・ヘンリー等が選ば…

セザール賞2015

オスカーの前に発表されたフランスのアカデミー賞とも言われているセザール賞にて、モーリタニアのアブデラマン・シサコ監督作品『Timbuktu / 禁じられた歌声 (2014)』が、作品賞と監督賞を含め7部門で受賞するという快挙を成し遂げた。という訳で、フランス…

アブデラマン・シサコ

フランスのゴールデン・グローブ賞と言われている外国人記者たちが選ぶ「リュミエール賞」にて、モーリタニア出身のアブデラマン・シサコ監督作品『Timbuktu / 禁じられた歌声 (2014)』が作品賞の大賞と監督賞の2冠を達成した!この作品はアカデミー賞の外国…

オスカー予想

今年は正直自信無い!というのも、オスカー予想は統計学。だけど、今回は色んな賞によって本当に受賞者が全然違うので、正直分からん!去年は簡単だったけど。 作品賞 『6才のボクが、大人になるまで。』 かなー。次点で『バードマン あるいは(無知がもたら…

ヒューマニタス・プライズ

丁度40回目を迎えたヒューマニタス・プライズ。人道的な威厳や自由が描かれたTVや映画作品の脚本家に贈られる賞である。2014年度の映画部門で、『12 Years a Slave / それでも夜は明ける (2013)』の脚本家ジョン・リドリーが選ばれた。全ての受賞はリンクへ…

ディック・グレゴリー

60年代からTVなどで活躍し、公民権運動でも活躍したコメディアン/活動家のディック・グレゴリーが、ようやくハリウッドの名所のひとつである「ウォーク・オブ・フェーム」に名を刻む事となった。式典は2月2日に行われる予定。現在82歳のディック・グレゴリー…

ググ・ンバータ=ロー

イギリスで行われた「ブリティッシュ・インディペンデント映画祭」にて、女優のググ・ンバータ=ローが主演女優賞に輝いた。『Belle / ベル 〜ある伯爵令嬢の恋〜 (2014)』にて実在したダイド・エリザベス・ベルを演じ認められた。[WATCH] British Independe…

デビット・オイェロウォ

これから公開される『Selma / グローリー/明日への行進 (2014)』では、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師を演じているデビット・オイェロウォ。そのオイェロウォがその演技で、パーム・スプリングス映画祭にてブレイクスルー演技賞を受賞する事が…

ハリウッド映画賞

11/14にクイーン・ラティファの司会で行われたハリウッド映画賞の授賞式にて、コメディアンのクリス・ロックが、『Top Five / トップ・ファイブ (2014)』での演技により、ハリウッドコメディ映画賞を受賞した。受賞スピーチでは「(この授賞式を放映した)CB…

キウェテル・イジョフォー

キウェテル・イジョフォーのニュースを続けて2本。 『12 Years a Slave / それでも夜は明ける (2013)』以来絶好調である俳優のキウェテル・イジョフォー。ニュー・レジェンシーがラスティ・ヤングが執筆した『Marching Powder』の映画化権を獲得し、イジョフ…

A Raisin in the Sun / レーズン・イン・ザ・サン

デンゼル・ワシントンがブロードウェイに戻ったのが「A Raisin in the Sun」。ツイッターでも書きましたが、ロレイン・ハンズベリーの戯曲で、シドニー・ポワチエもこの舞台でブロードウェイに立ち、そして後にほぼ舞台と同じオリジナルキャストで映画化「A …

第86回アカデミー賞授賞式(2014)

ついに来たか、この時代... 感(──┬──__──┬──)動 歴史だよ、歴史。 ツイッターで感極まって書いちゃったけど、黒人監督による黒人映画でアカデミー賞を取った事は今までなかった。一番近かったのが、2010年のリー・ダニエルズの「Precious: Based on the …

第86回アカデミー賞予想(2014)

という事で、誰もがやっているアカデミー賞の予想をやってみますか!!去年は5勝2敗。まずまずの予想でしょ?去年と同じく主要部門のみ。 作品賞 「12 Years a Slave / それでも夜は明ける (2013)」 「アメリカン・ハッスル」が対抗馬。まあでも「12」が取る…

アカデミー賞ノミネート発表!

待望のアカデミー賞ノミネートが発表となりました。「12 Years a Slave / それでも夜は明ける (2013)」が9部門でノミネート!「ゼロ・グラビティ」の最多10部門ノミネートに続いている。 「それでも夜は明ける」 主演男優賞(キウェテル・イジョフォー) 助…

凄い事になっている

いつものように賞にノミネートされている作品や人をまとめようと思ってコツコツと記事を溜めていたのですが、溜めすぎでまとめるのが大変になっちゃいました。ごめんなさい。アップデートするのが大変なので、作品か俳優毎にIMDBのアワードにリンクしておく…

国立フィルム登録簿

毎年、国として保存したい映画作品を決めて保存していく国立フィルム登録簿が発表されているが、今年の25作品が決まり発表された。今年はビリー・ウッドベリーの「Bless Their Little Hearts / 日本未公開 (1984)」が選ばれている。ビリー・ウッドベリーはロ…

ゴッサム賞

インディペンデント映画の式典ゴッサム賞がノミネートを発表した。スティーブ・マックイーン監督の「Twelve Years a Slave / 日本未公開 (2013)」が全7部門中(ノミネートが発表されたのは6部門)3部門でノミネートで最多ノミネートとなっている。「12 Years…

Twelve Years a Slave / 日本未公開 (2013)

スティーブ・マックイーン監督、キウェテル・イジョフォー主演「Twelve Years a Slave / 日本未公開 (2013)」がトロント映画祭にて観客賞を受賞した。この映画には、ブラット・ピットが共演・制作でも参加しており、ミヒャエル・ファスベンダーも出演してい…

スティーブ・マックイーン&ルピータ・ニョンゴ&マイケル・B・ジョーダン&デビット・オイェロウオ&リー・ダニエルズ

「Twelve Years a Slave / 日本未公開 (2013)」の公開が全米で控えており、オスカー候補と既に言われているのがスティーブ・マックイーン監督。その前に?ハリウッド映画賞にて「ハリウッド・ブレイクアウト・監督賞」を受賞する事になった。そしてその「12 …

フォレスト・ウィッテカー

フォレスト・ウィッテカー酋長のニュースを続けて!まず一本目は制作ニュースから。プロデューサーとしても「Fruitvale Station / 日本未公開 (2013)」をサンダンス映画祭で大賞を受賞させ成功させたフォレスト・ウィッテカー。今度はプロデューサー&主演で…

モーガン・フリーマン

生涯現役!名優のモーガン・フリーマンが、4月18日に行われるシネマコンにて、「シネマ・アイコン賞」を受賞する事となった!おめでとうございます。CinemaCon 2013: Morgan Freeman to Receive Cinema Icon Award | Hollywood Reporter

フェスパコ(FESPACO)

アフリカ映画のオスカーとも言われているフェスパコが開催され、大賞が発表された。フェスパコは2年おきに開催されている。今回大賞のゴールデン・スタリオンを受賞したのは、セネガル出身の監督Alain Gomis。彼の作品「Tey(今日と言う意味)」は、なんとア…

スピリット賞

オスカーの前日に発表されたインディペンデンス系のアワード、スピリット賞の発表。 作品賞と主演女優賞と監督賞は「世界にひとつのプレイブック」。そしてジョン・カサヴェテス賞に「Middle of Nowhere / 日本未公開 (2012)」が選ばれ、監督のAva DuVernay …

オスカー85

日本でもケーブルでライブ放送されているらしいので、ご覧になった方も多いでしょう、オスカー。まあ色々ありますね。という訳で、とりあえずは私の予想は5勝2敗。まあまあでしょ?日本のどっかの映画サイトでやっていた有名な批評家よりは、成績良いでしょ…

アカデミー賞予想

いちようね。主要部門のみね。 作品賞 「アルゴ」 統計的に。他の賞で沢山取っているので、監督賞の代わりに作品賞かな? 主演男優賞 ダニエル・デイ=ルイス こちらも統計的に。デンゼル・ワシントン!と言いたいところだけどね。 主演女優賞 ジェシカ・チ…

アフリカン・アメリカン批評家賞、サテライト賞、PGA賞、ブラック・リール賞、

アフリカン・アメリカン批評家賞 まずはアフリカ系アメリカ人批評家賞が各賞と今年のベスト10作品を発表。作品のトップにはキャスリン・ビグローの「Zero Dark Thirty」が選ばれた。「Flight / フライト (2012)」のデンゼル・ワシントンが主演男優賞、「Midd…

イメージ・アワード

今日はグラミー賞の発表がありましたが、敢えてイメージ・アワードを。イメージ・アワードは有色人種を対象にした団体NAACPの会員の投票によって決まる賞。今年で44回目。 <映画部門> 作品賞 Red Tails / 日本未公開 (2012) 男優賞 デンゼル・ワシントン F…