SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

クリス・ロック

世代をリードしてきたコメディアンのクリス・ロックが、次のステップとして選んだのが何とブロードウェイ!スティーヴン・アドリー・ギアギスの舞台「The Motherf**ker With the Hat」に出演する事になった。物語は中学の頃から愛し合うカップルがメイン。し…

タイラー・ペリー

映画製作に舞台にと精力的に活動するタイラー・ペリー。自身のウェブサイトでその舞台を暫く休む事を発表した。「For Colored Girls / 日本未公開 (2010)」の公開が控えているが、「MADEA's BIG HAPPY FAMILY」の舞台で全米を回っているペリーは体力と精神的…

チャールズ・ランドルフ=ライト

映画「Preaching to the Choir / 日本未公開 (2006)」等で知られる舞台演出家のチャールズ・ランドルフ=ライトが、2010年のポール・ロブスン賞に輝く事が分かった。この賞は1974年から始まっており、ロブソンの信条を実証するものに贈られる。式典は10月8日…

ウーピー・ゴールドバーグ

ウーピー・ゴールドバーグがみんなのお気に入り「Sister Act / 天使にラブ・ソングを… (1992)」のロンドンでの舞台に出演していましたが、ゴールドバーグの母が脳卒中で倒れたので、舞台を降板してアメリカに戻った。http://www.eurweb.com/?p=46240ウーピー…

パティ・ラベル

映画「A Soldier's Story / ソルジャー・ストーリー (1984)」にも出演している大物歌手パティ・ラベルが、ウィル・スミスとジェイダ・ピンケット=スミス夫婦とジェイZがプロデュースにも関わっているトニー賞にもノミネートされた人気舞台「Fela!」の代役に…

ジェームス・アール・ジョーンズ

以前にもお伝えしたようにアカデミー賞作品賞も受賞したモーガン・フリーマンの「Driving Miss Daisy / ドライビング Miss デイジー (1989)がジェームス・アール・ジョーンズによって舞台となってブロードウェイで上演される。そのCMが公開された。

ワンダ・サイクス

コメディアンヌのワンダ・サイクスは、冬のホリデーシーズン中にペンシルバニアで上演される有名な舞台「アニー」に出演する事になった。意地悪なハニガンを演じる。11月23日から1月16日までメディア劇場にて上演される。http://www.eurweb.com/?p=42710

ジャスミン・ガイ

80年代後半から90年代前半にかけて活躍した女優・ミュージシャンのジャスミン・ガイ。その活躍の象徴がエディ・マーフィが初の監督に挑んだ作品「Harlem Nights / ハーレム・ナイト (1989)」のヒロインに抜擢された事。そのジャスミン・ガイは今、舞台を中心…

ウーピー・ゴールドバーグ

以前にも書いたが、ウーピー・ゴールドバーグの代表作であり、日本のTV局のお気に入りでしょっちゅうTV放送されている「Sister Act / 天使にラブ・ソングを… (1992)」。ロンドンにて舞台として甦り、豪華にウーピー・ゴールドバーグが修道院長役で出演中。し…

ジェフリー・ライト&モス・デフ

以前にもスーザン・ロリ・パークスの「Topdog/Underdog」の舞台で共演しているジェフリー・ライトとモス・デフが、今度はジョージ・C・ウルフの舞台で共演する事になった。「Topdog/Underdog」では、ドン・チードルの代役で途中から出演したモス・デフだった…

Passing Strange

トニー賞のベストミュージカルにもノミネートされ、他の部門では授賞も果たしているスチューの「Passing Strange」この舞台はスパイク・リーによって「Passing Strange / 日本未公開 (2009)」映像化され、HBOやPBSなどで放送もされた注目を集めたミュージカ…

ウィル・スミス&ジェイダ・ピンケット=スミス夫妻

おしどり夫婦のウィル・スミスとジェイダ・ピンケット=スミス。今度は仲良く舞台デビューする事になるかもしれない。2人が目をつけているのが、テネシー・ウィリアムスの名作「欲望という名の電車(A Streetcar Named Desire)」のリバイバル。2人は去年ミ…

ハリ・ベリー

やはり私の予言通り、デンゼル・ワシントンから始まった人気俳優がブロードウェイに出演する事が今後の流行となるようだ。今度はハリ・ベリーがブロードウェイに進出する噂が流れている。ベリーが挑戦するのがキング牧師の最後の1日を描いた「The Mountainto…

ウーピー・ゴールドバーグ

日本でウーピー・ゴールドバーグと言ったら、やっぱりこれ...「Sister Act / 天使にラブ・ソングを… (1992)」ですね。続編も含めて何度TV放映された事か... そのウーピーの代表作に戻ってくる予定!とは言っても劇場公開映画ではなくて、ミュージカル舞台で…

ジェームス・アール・ジョーンズ

映画に舞台に現役で活躍するジェームス・アール・ジョーンズ。今度はブロードウェイの「Driving Miss Daisy / ドライビング Miss デイジー (1989)」に参加する事になった。ソースには具体的にどの役を演じるか書かれていないが、おそらく映画でモーガン・フ…

Tryin'ta get over...

先日のトニー賞で注目を集めた舞台「Fela!」の振り付け師ビル・T・ジョーンズ。その彼の元には様々なプロジェクトが持ち込まれていて、モータウンのベリー・ゴーディのキャリアを描いたミュージカルから、私も大好きな映画「Black Orpheus / 黒いオルフェ (1…

トニー賞鑑賞

トニー賞をテレビで観ました。結果は昨日書いた通り。ショーン・ヘイズが司会。観た事ないけどテレビシリーズ「ウィル&グレイス」のゲイ役を演じていた事は何となく知っていた。ブロードウェイでも活躍する本格派の俳優だったんですね。冒頭からピアノ弾いた…

Fences

デンゼル・ワシントンが主演のオーガスト・ウィルソンのリバイバル劇「Fences」がかなり好調。この前はこの舞台が上演されているブロードウェイの劇場の記録を破ったばかりだが、今回もまた一週間で1ミリオンという大きな壁を破っている。トニー賞も授賞し、…

スコッツボロ・ボーイズ

舞台の賞シーズンににぎわせているのが「The Scottsboro Boys」。タイトルが示すとおり、1931年のスコッツボロ・ボーイズ事件を描いたミュージカル。この舞台に出演中のブランドン・ヴィクター・ディクソンが舞台でレイ・チャールズを演じる事はお伝えしまし…

ドラマ・デスク賞

55回を迎えるドラマ・デスク賞が発表になり、オーガスト・ウィルソンの劇「Fences」にてヴァイオラ・デイビスがドラマ部門の助演女優賞を獲得した。またミュージカル部門の主演女優賞で「Memphis」のモンテゴ・グローバーがキャサリン・ゼタ・ジョーンズと同…

トニー賞

舞台最高峰の賞トニー賞が発表になり、オーガスト・ウィルソンのリバイバル劇「Fences」がドラマ部門の主演男優と女優のダブル授賞を果たし、デンゼル・ワシントンにとって初めてのトニー賞となった。ヴァイオラ・デイビスにとっては2001年の「King Hedley I…

トニー賞

アメリカの舞台の賞の最高峰であるトニー賞にデンゼル・ワシントンが出演する事が分かった。ワシントンは「Fences」の舞台でドラマ部門の主演男優賞にもノミネートされている。授賞式は6月13日。Breaking News - Denzel Washington and Raquel Welch Will Ap…

サミュエル・L・ジャクソン

デンゼル・ワシントンが舞台に戻った「Fences」が注目を集め、興行的にも成功を収めている中、今度はサミュエル・L・ジャクソンが舞台に戻るかもしれない。なんとそのジャクソンが演じる予定なのが、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師!カトリ・ホ…

レイ・チャールズ

レイ・チャールズの物語が舞台になる事は以前にお伝えしましたが、そのレイ・チャールズを演じるのがブランドン・ヴィクター・ディクソンと決まった。ディクソンはただいま公演中の「The Scottsboro Boys」に出演中。この「The Scottsboro Boys」が好評であ…

デニス・ヘイスバート

デビット・アラン・グリアがトニー賞の助演男優賞にノミネートされている作品「Race」。好評により上演日程が延びたが、残念ながらデビット・アラン・グリアとケリー・ワシントン、ジェームス・スペイダーはスケジュールの為に舞台を離れる。その後任にデニ…

Fences

トニー賞にもノミネートされているオーガスト・ウィルソンのリバイバル劇「Fences」。デンゼル・ワシントンが出演し話題になっているが、トニー賞での10部門でのノミネートもあり、その興行成績が著しく好調。上演中の劇場コート劇場の一週間の興行成績が1ミ…

デンゼル・ワシントン

オーガスト・ウィルソンのピューリッツア賞やトニー賞を受賞している劇「Fences」が好調の出だし。ブロードウェイ自体の客足が落ちている中、この舞台の平均集客率は98%。とほぼ毎回で満員。興行収入も今のところ$703,724(約7038万円)も売り上げている。h…

ローレンス・オリヴィエ賞

イギリス演劇界で名声ある賞であり偉大なイギリス人俳優ローレンス・オリヴィエの名前で贈られるローレンス・オリヴィエ賞が発表になり、マーティン・ルーサー・キング牧師の暗殺前の1日を描いた「The Mountaintop」が大賞に輝いた。更にリバイバル部門では…

Fences

ここでも何回もお伝えしているデンゼル・ワシントンが主演のオーガスト・ウィルソンの舞台「Fences」。デンゼルがその自分が演じる役と自分自身、そして自分の父親とを重ねて語る映像。

A Time to Kill / 評決のとき (1996)

サミュエル・L・ジャクソン、そして今年のアカデミー主演女優賞のサンドラ・ブロックが出演していた「A Time to Kill / 評決のとき (1996)」が舞台化される事になった。作品は人気作家ジョン・グリシャムの作品が原作。サミュエル・L・ジャクソン扮する父親…