SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*Cinemoreにて『大逆転』(83)についてを寄稿。(7/17/19)
*Cinemoreにて『星の王子ニューヨークへ行く』(88)についてを寄稿。(7/6/19)
*Cinemoreにて『スタンド・バイ・ミー』(86)についてを寄稿。(7/2/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*Cinemoreにて『シャフト』(2000年)についてを寄稿。(6/26/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

2010-06-06から1日間の記事一覧

天才

金曜日は全く動けない程に疲れてました。1年の疲れがどっと出た感じ。 週末に二人の天才...ビートたけしの2時間番組と松本人志の2時間番組を見た。たけしの番組は時代に合わせた感じ。時代を読むのが上手いんだなって思った。松ちゃんのは時代とかよりも自分…

ゲイリー・コールマン

ゲイリー・コールマンの続報。 ゲイリー・コールマンとは有名となった「アーノルド坊やは人気者」で兄弟役だったトッド・ブリッジスが秘密の遺書の存在を明かした。ブリッジスがETOnline.comに語った事によれば、もう一人の友人とブリッジスがその遺書を持っ…

マリオ・ヴァン・ピープルス

「New Jack City / ニュー・ジャック・シティ (1991)」のマリオ・ヴァン・ピープルスはアンディ・ガルシア、ルーク・ゴス、エイダン・クイン等と共に「The Exodus of Charlie Wright」というインディペンデンスのクライム映画に出演する事になった。脚本・監…

フォレスト・ウィッテカー

様々な映画で活躍するフォレスト・ウィッテカー。今度の作品はブルース・ウィリスと共演するインディペンデント映画になりそうだ。2人が共演する映画は「Catch .44」というドラマ作品で、アーロン・ハーヴェイが初監督を務め、脚本も担当する。マリン・アッ…

タイラー・ペリー

ジャネット・ジャクソンやウーピー・ゴールドバーグ、キンバリー・エルズにアニカ・ノニ・ローズ等の豪華女性キャストで話題の「For Colored Girls Who Have Considered Suicide/When the Rainbow Is Enuf / 日本未公開 (1982)」の映画化を進めているタイラ…

Prince of Persia: The Sands of Time / プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 717本目

順番がごちゃごちゃになりますが、こちらを先に。 おっさーーーーん1号がこの手の映画が大好きでして、お付き合いで見てきました。一瞬たりとも見たいとも思わなかったんですが、結果割りと面白かった。夏の映画だなーという感じですね。もう日本で公開され…

When We Were Kings / モハメド・アリ かけがえのない日々 (1996) 718本目

今なぜこのタイミングでこの映画を見たのか?もちろん「Soul Power / ソウル・パワー (2008)」の日本公開を祝って観てみました。「ソウル・パワー」はこのドキュメンタリーを撮っている時の映像を使った作品。弟分的な作品。「ソウル・パワー」は十分に面白…

When We Were Kings / モハメド・アリ かけがえのない日々 (1996)