SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

2008-02-21から1日間の記事一覧

Obama-rama

昨日書き忘れた事。それは、オバマのスピーチの始まり。ちょっと夫と共に笑ってしまったのだ。それはバラク・オバマが「BET Hip Hop Award」の如く「Shout out to...」とか「... in the House」とか言ったからである。愛嬌というか... 応援しているから許せ…

マルコムXとユリ・コウチヤマ

ブラックヒストリー月間でやっているブラックムービーの偉人さんのコーナー、今日はちょっと映画から離れまして、マルコムXとユリ・コウチヤマさん。今日2月21日はマルコムXの命日である。1965年ニューヨークのオードゥボンで射殺されてから43年の今日。マル…

She's Gotta Have It / シーズ・ガッタ・ハヴ・イット (1986)

Cast >> Tracy Camilla Johns (Nola Darling), Tommy Redmond Hicks (Jamie Overstreet), John Canada Terrell (Greer Childs), Spike Lee (Mars Blackmon), Raye Dowell (Opal Gilstrap), Joie Lee (Clorinda Bradford), S. Epatha Merkerson (Doctor Jamis…

Welcome Home, Roscoe Jenkins / 日本未公開 (2008) 121本目

予告通りこの作品。 最近作品を選んで見に行ってるんですが、この作品は見に行こうと決めていました。何か惹かれるものがあったんですよね。きっと監督のマルコム・D・リーの名前とか、ジェームス・アール・ジョーンズ御大の名前とか... でも正直言って予告…

Welcome Home, Roscoe Jenkins / 日本未公開 (2008)